FC2ブログ

無題/蛾兆ボルカ

トキコ
http://jp.youtube.com/watch?v=43AmLvZuob0

http://jp.youtube.com/watch?v=EeV_RyryCiA

一度しか会わなかったけど、一度で好きになりました。
たぶんトキコさんは私に、べつに好きになられたくはなかったと思うけど、私も同年代のいろんな女性に迷惑かけたり世話になったりしながらそれなりに学んだので、トキコさんには迷惑をかけないですみました。
最後までちゃんと、ただのファンでいられて良かった。
その会場の外で、トキコさんは小さくなってました。
私は彼女をまったく知らなかったのだけど、ちょっと心配なほど小さくなってたし、詩友に誘われてきたのにもかかわらず、私が悪いのだろうけど私もなんだかアウェイな感じで小さくなってたので、話かけました。
話ははずまず、このひとは、真面目なひとなんだな、ということだけはわかりました。真面目すぎて、なんかちょっと笑えました。
その数時間後に彼女のステージをみて、なんて綺麗なうたなんだ、と思ったのです。
会いたいけど会えないひとは、いつも必ずいて、だんだん増えていくよね。それは宝物みたいなものかもしれない。べつに私のものじゃないけど。


カオリンタウミ
http://www.poetry.ne.jp/zamboa/vol_10.html

この詩人は、亡くなって時間がたってから、詩友に彼の詩集を借りて読みました。
正確に言うと借りたのではないです。正確にはどうしたのか書けないけど、そうやって私は彼の詩と出会うべきだったのであり、出会ってよかったな、と思います。
誰かにバトンを渡したい。君はこの詩を読むべきだから読め、と言って渡したい紙束が私の机の引き出しにあるのだけど、まだそういうひとに出会っていないのでした。


TASKE
この十年間に出会った詩友のなかで、私がいちばん意識している詩人です。Googleで探して下さい。てかライブに行ってください。
自分の言葉は、彼の前で朗読するに値するかどうか、いつも考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

menu
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR